鉛電池活性化剤スーパーK

鉛電池活性化剤スーパーK

鉛電池活性化剤 「スーパーK」について

バッテリーを長寿命化(5年~10年以上の延命)し、廃棄蓄電池を 大きく減らし、CO2の削減と環境に貢献し、また年間のバッテリー 交換費用の大幅なコスト削減に貢献する「鉛電池活性化剤」です。
アメリカと日本で学会の技術賞を受賞いたしました。

 

P型 スーパーK 自動車用

P型 スーパーK 自動車用

A型スーパーK 電動車 EV PV等蓄電用

A型スーパーK
電動車 EV PV等蓄電用

 

添加したスーパーKはバッテリー内部で徐々に溶けて、主成分である有機ポリマー分子が電極に吸着します。
するとバッテリー劣化の原因であるサルフェーション(硫酸鉛が大型結晶に変化してバッテリーの性能を劣化させる現象)を防いだり、大型結晶を細かくして電極を甦らせます。
一度添加すると1年は効果があります。
毎年の添加と保水と充電を十分にしたときには、3~10年以上の延命になり、バッテリー性能が落ちないことを確認しております。

スーパーKの主な特徴

  • 鉛電池に適量を添加することにより、水素発生電位を上げることを可能とし、深い充放電を可能とすること。特に深い充放電が必要な太陽光用電池等には最適である。
  • 14.5Vでも反応すること。自動車の終止電圧以下でも反応するため、自動車に乗りながらサルフェーションを解消することが可能。
  • 使用方法がとても簡単であること。誰でも利用可能。
  • 約1年間で酸化するため、その成分がバッテリー中に残らないこと。
  • 20年の研究実績及び研究結果があること。
  • 化学的に解明されている実績のある商品であること。

開発者と研究チームについて

開発者 1995年 小澤昭弥博士を中心とするITEグループ

小澤昭弥(前東北大学教授)

南 繁行(大阪市立大学教授)   山下 正通(同志社大学名誉教授)
佐藤 厚(中部大学教授)     池田章一郎(名古屋工業大学名誉教授)
菅原陸郎(山形大学名誉教授)   鈴木義隆(前広島大学教授)
仁科辰夫(山形大学教授)     立花和宏(山形大学準教授)

開発者 小澤昭弥博士略歴

1952 名古屋大学理学部化学科卒業
1956-57 Duku大学化学科研究員、MnO2電極の研究
1957-59 Ernest Yeager教授の所へ、Case Western Reserve 大学化学科研究員
1963 Union Carbide Parma中央研究所で電池研究を開始
1974 フェロー(研究所長待遇研究員) 1980年 副社長待遇
1989-91 東北大学資源素材研究所教授(1991年3月退官)
ITE電池研究所設立
1980-現在 国際技術交流協会 理事長

受賞実績

アメリカ電気化学会 ジョージハイゼ賞 受賞
(社)電気化学会 電気化学会賞・武井賞 受賞

スーパーKの開発と効果

「スーパーK」は、鉛バッテリーの硫酸中へ添加し、鉛電池寿命を大幅に伸ばすことのできる、「鉛電池用延命剤」です。これまで溶解する物質を電池に入れることは、電池を悪くするといわれ、負極の添加物は、硫酸に溶解しない硫酸バリウム、リグニン粉、カーボン粉末など溶解しないものに限られておりました。
しかし約20年前、小澤博士(元東北大学教授・元ユニオンカーバイドフェロー)らを中心としたITE電池研究所は、硫酸に溶解するポリマーを使用した有効な鉛電池活性化剤=「スーパーK」を、世界で初めて開発しました。20年の研究・改良を重ね、最新スーパーKとして、現在さまざまな分野で活用されております。
有機ポリマーは分子が大きく拡散が遅いので陽極での酸化分解は遅く約1年間も有効成分が硫酸中に残っていて長期間有効であります。

このスーパーKは、負極の水素過電圧を上昇させて、サルフェーションの解消に役立ちます。つまり負極が劣化した電池に使用すると自動回復させる効果があります。

また、主成分である有機ポリマーは、分子が大きく拡散が遅いので、陽極での酸化分解は遅く約1年間も有効成分が硫酸中に残っていて長期間有効であります。

実績及び研究結果

ITE(国際技術交流協会)は、東京府中市の三和運送事業㈱の社長の坂井是政氏に協力していただき、200台のトラックに毎年車検のときスーパーKを添加してもらい、10年間1台も電池の取替えがなかったということを確認しております。その他数多くの実績があります。

開発者

小澤昭弥氏らITEグループ

 

 

グラフィックス3 グラフィックス4

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせバナー